northmastering.com

アルバイトをして決められた時間以上仕事をした

アルバイトでお金を稼ぐということ 正社員で仕事をするときは就業規則、労働契約に基づいた労働時間で給料が支払われます。朝の9時から夕方の6時までとなっていればその時間仕事をすれば給料をもらう権利が得られます。遅刻をしたり早退をすればその時間に応じて給料が減じられることがあります。あくまでも会社の計算の方法なので、完全月給制のところであれば欠勤控除などがないこともあります。

アルバイトの場合は就業規則は設定していることもあります。ただし労働時間はそちらを見るのではなく、個々の労働契約を見ます。事前にこの時間で仕事をしたいと申請をし、それに同意をすれば契約がなされます。固定の時間が決められることもあれば、毎週のようにシフトが決められるタイプのこともあります。この時には労働契約にもきちんとした時間を決めていないこともあります。

もし決められた時間以上仕事をした時には残業が払われるかですが、もちろん払われます。勘違いしやすいのが法定時間外労働です。これは1日8時間以上労働した場合に割増賃金が支払われる決まりです。これが払われるかどうかを議論することがありますが、短時間なら1日数時間のこともあります。1時間ぐらいプラスで働いたとしても割増賃金にはならず、通常の賃金が上乗せされるのみです。
Copyright (C)2019アルバイトでお金を稼ぐということ.All rights reserved.